FLCL(フリクリ)の第3話「マルラバ」の感想・レビュー(ネタバレ含む)

[著:がく(副管理人)]

フリクリ、第三話です。今回はニナモリ回で、フリクリ的には重要度も低い話でしょうか。

曲もpillows以外の曲が初めて使われたりと、フリクリの中でもちょっと異色の回ですね。

 

良かった点

ニナモリが可愛い。今回はそれに尽きるのではないでしょうか。

私はそれで満足です。

詳しくは感想部分で語ります。思いっきり語ります・・・。

悪かった点

逆に言うとニナモリに魅力を感じないとちょっと物足りない回かも知れません。pillowsの曲は1話2話でも使われてる曲構成なので、目新しさも少ないですし。

あとちょっと表現が下品な箇所がいくつかあります。そういう回なので仕方ないですし、あえてそういう表現をしてあるのでしょうが。

オススメしたい人

全てのニナモリファンに。

総評

話的にもちょっと小休止な回ですね。今回は本当にニナモリに満足出来るかどうかがそのまま楽しめるかどうかに繋がると思います。

そんなニナモリに溢れた感想は以下に。

 

ここから感想&使用曲 ネタバレ注意。

 

冒頭

最初の信号機がまずガイナックス。こういったところに安心感を感じる人も割りと多いのではないでしょうか。

車の中の秘書とニナモリの会話もこの話の導入ですね。

ニナモリのセリフ「あたしが主役!」はまさにこの回のことで上手くリンクしています。

(♪Instant Music) 今回は歌付き。開幕の歌付きpillowsは問答無用でテンション↑ おそらくフルで流れてます

原付を修理しているハル子への呼びかけは「宇宙人」でようやくハル子が反応。このハル子=宇宙人は地味に1話から引き継いで描写がありますね。ナオ太の

「辛いのは苦手なんだよ」

はこの後と次回にも繋がる伏線です。

あとナオ太の小学校の教室の黒板の猫なども相変わらず細かく描かれていますね。メガネ君が雑誌が置いてたという駄菓子屋、賞味期限切れのチェリオなどは後に繋がります。

またナオ太が言う「子どもは大人を選べない」というのはニナモリの親もそうですが、先生(みやじゅん)のことも指してますね。

河原・駄菓子屋・ナオ太宅一連のシーン

ここは3つの箇所が同時進行で描かれています。

河原ではマミ美が猫の帽子を被って猫のたっくんとナオ太と写真を撮影。撮影の途中で帽子を取ってしまい、ナオ太に生えてる猫耳?にも気づきます。

「ネコロボみたいっすね」

とのマミ美の発言はおそらくド○えもんのこと。

駄菓子屋ではナオ太の親父が自分が刷った同人誌を置かせて貰えるよう交渉中、そこにニナモリ登場。(♪Sad Sad Kiddie)

ニナモリの親の不倫についての雑誌ですね。おそらくニナモリはここで後で飲んでるチェリオを購入したのでしょう。

ナオ太宅ではカンチが頭の後ろの部分?を自分で修理。ハル子はナオ太とカレーを買いに行く為にお出かけ。

ニナモリ宅前~駅前

ニナモリは親(市長)の不倫騒ぎで家に帰れず。不倫相手の秘書はさっさと逃亡「バイバイキーン」

駅前の階段でチェリオ(おそらく賞味期限切れ)を飲むニナモリ。「おいらに残されたのは猫一匹である」は劇の台詞でもありますが、猫=ナオ太と考えるのが妥当なところ。

現れるナオ太にニナモリ

「ねぇ、付き合ってくれない?」

ナオ太に対してはやっぱり積極的ですねー。

そこにハル子が現れ、またベスパにナオ太は吹っ飛ばされます。(♪RUNNERS HIGH ハル子登場のテーマ)

そのままニナモリに激突。ここで頭と頭がぶつかる描写は伏線ですね。

ナオ太宅でのカレー~ベッドでの問答

ナオ太宅でニナモリ含めてカレーを食べるシーン。(♪selfish/b 三宗信吉(フリクリ音楽担当)オリジナル pillowsではない。)BGMっぽい上に他ではずっと鳴っていたギターがない為言われないと気づきにくいかも知れません。

このカレーを食べるシーンの描写が色々と若干下品ですねー。カンチも何故かカレーを食べている。「カンチは何?」の問いに対して言う親父の「テレビィ~ウォークマン~」は相変わらず怪しげな響きで面白いです。

ここで親父がニナモリに親の騒動のことに対して色々と問いかけますが、ニナモリは毅然とした態度を崩さず。

「たいしたことありませんから」

強がるニナモリもいいですね。

ここで腹痛になったニナモリに対してハル子の「トイレ?あっち」は伏線。

そしてニナモリの入浴シーン。サービスサービス(;´Д`)ハァハァ(♪CARNIVAL)

ナオ太の部屋、つんつるてんのパジャマ姿のニナモリ。パジャマの間から肌が見えたりする描写が細かいですね。ええ、フェチ的にはドストライクです、ええ…。普段はコンタクトと言いながらメガネをかけてるのもまたいいですね、ええ…。

ニナモリ可愛いよニナモリ(^ω^)ペロペロ

(♪STALKER ニナモリが詰め寄るシーン)

劇の話に絡ませて、騙してでも幸せにして欲しいニナモリ。可愛いよニナモリ。

劇練習中の問答~戦闘シーン

土曜の午後は劇の練習というのはちょっと時代を感じますね。昔は土曜は午前中のみ授業だったので。

弁当を届けにきたハル子がナオ太に何気なくちゅー。相変わらずメガネ君がいいキャラしてます。「ちゅ~~」(♪引き続きSTALKER)

サボろうとするナオ太を引き止めるニナモリ。

「絶対帰さないから!」

「お父さんとお母さんが一緒に見に来るんだもん!」

は今までずっと言わなかったニナモリの本音でしょうね。

ナオ太とニナモリの問答でお互いに秘密を暴露。何かのスイッチが入ったようにナオ太の頭にあった耳がニナモリに現れ、そのままロボット登場。(♪Advice 今回はちょっと歌つき)

そのまま襲い掛かるニナモリ。カンチに攻撃している時にブルマが引っかかり脱げて、カンチがよけながら何とかはかせるシーン。こういう細かいネタがフリクリは本当に面白いですね。

ハル子がウクレレで殴りかかるもウクレレは壊れる。「ウクレレじゃダメぶ~。」ぶ~は高木ブーでしょうかね。

ベスパを召喚、そのまま屋上へ逃亡。(♪カバレフスキー:組曲“道化師”より『ギャロップ』 運動会で誰もが聞いたことあるアレです。)

屋上で戦闘、ハル子がコア?にベースをぶっ刺して広がったところへ持ってきたカレー弁当が綺麗に収まる。ロボット、ニナモリと分離して腹痛。

「トイレ?あっち」はここに繋がる部分ですね、これはハル子の戦略ですが。

戦闘中に吹っ飛ばされていたナオ太をカンチが捕食キャッチ。(♪LITTLE BUSTERS) 赤いカンチのテーマですかね、こちらは。

ナオ太砲で撃破。体育館の屋根を削り取る演出と爆発がいいですね。

エンディング~予告

最後の劇でメガネをかけているニナモリ。

ここの「伊達よ」は妙に印象に残るシーンですね。

エンディングと次回予告は相変わらず。予告でしゃべっている内容はプロ野球の選手についてですね。次回は野球関連の回なので。

全体通して

ニナモリ可愛いよニナモリ。

特にナオ太の部屋のシーンは個人的にドツボだったので、それだけで今回は満足ですね。

フリクリ全体においてはそんなに重要な話ではないのでなんとなくで見るといい回だとは思います。そもそもフリクリ自体が雰囲気楽しめれば細かい部分気にしなくても楽しめる作品ですからね~。

管理人より一言

がく(副管理人)さんへ。ニナモリ愛に溢れたレビューをありがとうございました。満腹です。

 

タグ

2012年5月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:GAINAX

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

記事や作品の感想・質問など気軽にコメントをどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

切ったアニメ

最近のコメント

管理人達のTwitter

お問い合わせはこちらから

お問い合わせお問い合わせ、メッセージはこちらから。

このページの先頭へ