TARI TARI 第6話「笑ったり 想ったり」の感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

TARI TARI 第6話「笑ったり 想ったり」の感想・レビューです。

taritari6_1

概要

風邪をひいて始業式を休んだ和奏。

ずっと元気がなかった彼女のことを気にしていた来夏は、
ためらいながらも様子を見に行くことにしたのだが、
ちょっとした勘違いからとんだことに……。

だが来夏がコンドルクインズを好きになった理由や、
和奏の亡き母についてなど、お互いのことを話していくうちに
以前よりも距離が近くなったと感じた二人だった。

その数日後、元気になった和奏は、
志保(紗羽の母)から母の高校時代の写真と、
志保が合唱部だった頃に録音したテープを渡される。

以上、ニコニコ動画説明文より引用。
http://www.nicovideo.jp/watch/1343971030

今回も和奏メインの話ですね。
TARITARI前半の締めに相応しい話で、非常に良かった回です。
今回も泣けます、前回とはまた違った意味で。

本当にこのアニメはいいアニメだと思える話でした。
演出も、話の構成も、キャラクターも。

和奏と合唱部の面々

早速ですがここからネタバレ含みます。
この話は中身に触れてナンボだと思うので。

今回は合唱部の面々がそれぞれに上手く和奏を励ましてるのが良い感じですね。

まず来夏が落ち込んでいた和奏を心配し、見舞いに訪れます。
勘違いで水たまりに落ちたりする様も来夏らしくて微笑ましいですね。

そして祖父との思い出であるコンドルクインズについて語る来夏。
祖父が亡くなった事で一緒にライブに行くという
約束は果たせなくなったものの、それもまた思い出だと笑って語ります。

このナチュラルに前を向くことで人を励ますのも実に来夏らしいです。

そして紗羽は母の写真を取りに来た和奏に乗馬を勧め、
彼女も彼女なりに和奏を励まします。

更に大智とウィーンも自分たちなりに合唱部に貢献しようと
妙な特訓をしてたところを和奏に見られ、爆笑されたり。

大智とウィーンに関しては偶然ではありますが、
合唱部の面々がそれぞれに和奏にいい影響を与えているのを
感じられる部分です。

また前回は事ある毎に母との悲しい思い出が挟まれていたのに対し、
今回は人と触れ合う事で母とのいい思い出を和奏が思い出すのが
いい対比になってましたね。

父と娘

今回の話で何より株が上がったのは和奏の父、圭介でしょう。
これは6話見た人なら誰もが持つ感想だと思います。
親父かっけぇ!

圭介の回想

6話冒頭で風邪を引いた和奏を心配し、急いで家に戻る圭介。
まひる(和奏の母)が亡くなったのもあり、
身内の病気には敏感になっているのでしょうね。

和奏が元気を取り戻してきた頃、
まひるとの結婚記念日という事で豪華な食事を振る舞う圭介。

なんで病気の事を自分に話してくれなかったのかと問う和奏に対し、
圭介の回想が挟まります。

この回想で私は涙腺がやられました。
気がつくと涙が頬を伝ってましたね。

銀杏並木を歩く圭介とまひる。
おそらく話の内容的にまひるの病気と余命が告げられた後でしょう。

taritari6_2
圭介とまひる。背景のクオリティも相変わらず。

和奏と一緒に歌を作るという約束の為、
病気の事を黙っていて欲しいというまひる。

悲しい別れの歌を作るのが嫌だから、
というのが受験もあった和奏に病気を黙っていた理由でした。

そして二人共自分が辛いだろうに、和奏の事を話すまひると圭介。
銀杏並木の中で涙を押さえられない圭介と、優しく笑いながら涙を流すまひる

ここの圭介の泣き方がもう・・・。
思い出しただけで涙腺が緩むぐらいに、圭介の気持ちが伝わってきた部分です。
二人がどれだけ和奏の事を想っているのかも伝わります。

圭介の思いやり

その話を聞いて席を立ち、部屋で泣く和奏。
思い出のストラップもピアノも捨ててしまった事を後悔します。

そこへ楽譜を持って現れる圭介。
それはまひるが和奏と作ると言ってた書きかけの楽譜で、
和奏に続きを書けないか、と。

「父さんもお前とまひるの歌、聞きたいから。」

更に和奏がピアノの上に置いて捨てられたと思っていた
ストラップを取り出す圭介。
「ピアノは?」の和奏の問に「捨てるわけがないだろう」

親父かっけぇ!!
このタイミングで作りかけの楽譜を持ってくるとは。
そして当然のように大事なものはちゃんと捨てない親父

5話の予告であった和奏の「ありがとう」はここで楽譜を抱え、
泣きながら漏らす台詞。
この「ありがとう」に込められた思いが暖かくて・・・


長々と語ってしまいましたが、
とにかくここの和奏と圭介のやり取りは良かったです、特に圭介が。
大人が格好良い作品が大好きな私にとってはたまらないシーンでした。

5人揃っての「心の旋律」

音楽室で紗羽の母から渡された、
母の歌が録音されているカセットテープを流す和奏。
それは2話でも流れた心の旋律でした。

テープに合わせて一緒に歌い出す和奏
そこへ合唱部4人も現れ、ついに5人で揃って歌って特殊EDへ。

taritari6_3
5人揃っての「心の旋律」

この流れも素晴らしいです。
ついに5人揃った!というのもありますが、
和奏がやって来るまでの一連の流れが特に。

この5人合唱バージョンの心の旋律のED含め、本当に素晴らしい回でした。

総評

この話見終わって、Blu-ray買おうかな・・・と思った人は多いはず。
ええ、私がそのひとりです

私はニコニコで視聴しているのですが、この話は特に無料視聴期間中に
何度となく見返してしまいました。

本当に素晴らしい回でしたね。
心が洗われました

 

タグ

2012年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:P.A.WORKS

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

記事や作品の感想・質問など気軽にコメントをどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

切ったアニメ

最近のコメント

管理人達のTwitter

お問い合わせはこちらから

お問い合わせお問い合わせ、メッセージはこちらから。

このページの先頭へ